貯金額は他人と比べるもの?お金貯めるよりも増やす方法を考える?

「老後を考えて貯金しないと・・・」と考えるのあなただけではありません。

世の中の多くの人がお金の問題ですから、つまり貯金について真剣に考えているようです。

スポンサーリンク

自分の貯金額は多い?少ない?

自分の貯金は〇〇円だけど・・・「他のみんなはどれくらいなんだろう?」私の貯金額は一般的に、

  • 多いの?
  • 少ないの?

とほとんどの人は気になっているでしょう。

なんと厚生労働省の調べでは、一世帯あたりの平均貯金額として・・・1047万円!!という調べが出ています。

「うそでしょ!?」

ってびっくりしてる人もいると思います。
私も正直同じ気持ちです。

しかし・・・これの平均貯金額には一部の富裕層も含まれているとの話ですので・・・安心して下さい。
その一部の富裕層が急激に平均値を引き上げているだけです。

貯金額は他人と比べても意味がない

だからといって貯金額をむやみやたらに人に言う人はいませんから・・・はっきりしたことは分からないというのが正直なところ。

それに私は思いますが、貯金額は人と比べるものではありません。
例えば会社に勤めている人であれば定年後に暮らしているいけるだけの貯金があれば問題ありませんから。

使い切れないほどの貯金は意味をなしません。

それにお金の価値としては市場では同じものですが、お金に対する価値は人それぞれです。

多くのお金があったからといって使い方が分からなければ意味がありません。

世の中でお金を多く持つ人はお金を多く持つ(稼ぐ)術を身につけています。

  • 投資
  • ビジネス

などしっかりと使います。

だから宝くじが急にあたった人はお金の使い方が分からず身を滅ぼす人もいるんです。

貯金を増やすには?

貯金を増やすには少し思考を変えることも重要です。

つまり、お金を貯めるわけではなく、お金を稼ぐ(増やす)ということも考えてみるんです。

そうするとおのずとお金が貯金できているということになるかもしれません。
もちろんただただお金を増やすことを考えるのではなく、しっかりと勉強しなければなりません。

マネー術ですね。

本屋さんなどにいけば、胡散臭そうなそういった金融関係の本が並んでいます。
試しに読んでみてはいかがでしょうか?

私は好きで結構読んだりするのですが、役にたつ本、役に立たない本、と当たり外れはあります。
ただ当たり外れを感じるのも読む人の環境も大きく関係してきますので一概にどれがどうという判断は難しいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加