日常的に行える爪ケア、割れ爪や二枚爪等、爪トラブル対策・口コミ・効果

日常的に行える爪ケア、割れ爪や二枚爪等、爪トラブル対策

爪のケアしてますか?

爪を見るとその人間の健康状態がわかるといわれるほど”爪は健康のバロメーター”なんです。

あまり神経質になるのもどうかと思いますが、巻き爪や二枚爪などには注意をしておきたいところです。

女性ならネイルをしたりすると思いますが、爪が汚くてはネイルのデザインも台無しですから・・・。
日常的に無理なくできる自爪のケアを積極的に行っていきましょう。

スポンサーリンク

日常的に出来る爪のケア

常日頃やらなければならないと自分を追い詰めるとなかなか出来ないものですから、日頃ちょっとした気を使うだけで行える自爪のケアを3つ紹介しようと思います。

足爪を綺麗に保つには適正サイズの靴を履く

足爪を綺麗に保つには適正サイズの靴を履くことがもっとも大切です。
大きくても小さくもNGです。

大きい靴は靴の中で足が揺れ動くことになりますから、その都度、足の爪に衝撃が走ることになります。
何度も何度も足の爪を靴の中でぶつけることで足の爪はだんだんと弱っていきます。

また、小さい靴になると常に足爪は圧迫された状態となりますので爪が変形する原因になります。
足自体にも痛みを感じることもあるので、いくらサイズが合わなかったけど、可愛いからとか格好良いからといった理由での靴選びは避けましょう。

爪をしっかりと洗う

お風呂に入ったときなどにあまり意識的に爪を洗っている人というはいないのではないでしょうか?
出来る限りしっかり洗うことが自爪を清潔に保つ秘訣になります。

爪には湿気や不衛生を好む白癬菌とよばれるカビの一種が繁殖しやすいのです。
不潔にしている手足の爪にはこの雑菌が繁殖してしまい、たちまち汚い爪の出来上がりとなるんですね。

ネイルアートもほどほどに・・・

女性の方はネイルアートをする方が多いと先にも書きましたが・・・やっぱりネイルアートをするということは爪への負担は少なからず大きいわけなんです。

ネイルをはがすときに使うアセトンなどは爪の乾燥の原因になりますし、また爪のひび割れ、黄ばみなどの原因にもなります。

また現在の主流といわれるジェルネイルは爪の表面を削る作業を行うことがあります。
おしゃれのためとはいえ、もともと必要な厚さの爪を削ってまでネイルアートをしているわけですから、爪にはやっぱり良くはなく、痛みを感じることもあるんです。

それは、二枚爪や割れ爪の原因になるんです。

そんな時には無理せずにネイルアートをいったんお休みしてから間をあけて、またネイルアートをするということにしましょう。

爪のトラブルの原因は食べ物、つまり栄養の偏りに問題がある場合もあります。

野菜宅配 口コミ

簡単に新鮮な栄養を摂取出来ることもメリットです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加