【激似】東京オリンピックのエンブレム/ロゴマーク盗作・パクリ問題が話題

-2020年の東京オリンピックのエンブレムがベルギーのデザイナーの盗作(パクリ)なのか-

2020年に東京で行なわれる予定のオリンピック。
決定したときには誰もが歓喜だった。

それがこんなにも問題が発生すると誰が想像しただろうか?

スポンサーリンク

東京オリンピックのエンブレムが話題

今回、問題/話題となっているのは東京オリンピックのエンブレム。

東京オリンピックエンブレム

問題となっているエンブレム(ロゴマーク)が上記の画像になる。
このエンブレムについてベルギー人のデザイナー”オリビエ・ドビ”氏が4年前にデザインしたリエージュ劇場の盗作だと主張しているとのこと。

リエージュ劇場

上記がリエージュ劇場のロゴマークになる。

東京五輪とリエージュ劇場

盗作(パクリ)といわれても無理はないかもしれない・・・
確かに似ている。

オリビエ・ドビ氏の主張

オリビエ・ドビ氏はテレビ・インターネットなど全ての媒体での使用禁止を望んでおり、
IOCや東京オリンピックの組織委員会にたいしてエンブレムの使用禁止を求める書類を送付することを明らかにしたとのこと。

スペイン事務所のデザインロゴ

また東京オリンピックのエンブレムだが、
あるスペインの事務所のデザインロゴとも似ていると指摘もされている。

スペインのデザイン事務所

こちらのスペインの事務所は東京オリンピックのエンブレムに対して変更などの主張はしていないという。

オリビエ・ドビ氏の主張のデザインと比べるとそこまで酷似していないのではないの理由の一つだろう。

まとめ

日本も盗作(パクリ)でないのなら毅然とした態度で説明するべきで、
曖昧な態度が余計に話しをややこしくしている印象だ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加