奨学金制度と教育ローン制度の違い、金利の違いによる返済額とは?

奨学金と教育ローン

昨今では、奨学金や教育ローンといった制度で”借り入れた額を返済できない”という問題が結構あるようです。

それに伴い、滞納・・・ブラックリスト入り、最悪の場合、自己破産といったことも有り得るといいますから油断できません。

スポンサーリンク

奨学金と教育ローンの違い

まず勉学のためにお金を借り入れできる奨学金と教育ローンは似ているようで違うものとなります。

『似て非なるもの』ですので、今現在や今後に検討する可能性があるといった場合にはしっかりと理解しておくことがおすすめです。

  • 学生をしている
  • 子供が進学する(今はまだ小さくて必ず成長しますからね^^;)

など意外と奨学金や教育ローンとは私達のすぐそばにあるものですからね。

奨学金とは

学生本人が毎月一定額を借り入れして卒業後に本人が返済していくものとなります。

奨学金で有名なものといえば「日本学生支援機構」のものですね。
借り入れする条件としては、経済状況と成績などがあり、一定基準をクリアしておく必要があります。

つまり簡単にいってしまうと『勉学に励まない学生にはお金は借り入れさせない』ということになりますね。

その影響もあってか、奨学金の金利はゼロ~3%となっており教育ローンよりも一般的に低金利になっています。

ちなみに私も奨学金制度を利用しましたが金利はゼロでした。

教育ローンとは

一般的に学生の親が一括で全額借り入れをして就学中から親が返済をしていくものとなります。

教育ローンでは国から借り入れする場合と銀行から借り入れする場合があります。

一般的には国から借り入れする教育ローンになると金利が2~3%程度で、銀行からの借り入れとなると3%を超えてくるということも普通にあります。

後々の返済を考えてしっかりと教育ローンも選ぶ必要があります。

まとめ

奨学金や教育ローンを検討する際にもっとも重要になることは金利となります。

例えば、月々10万円を教育ローン(金利が2%の返済期間を20年)で借り入れすると、実際に借り入れする額としては480万円となりますが、返済額になると約587万円となるのです。

たったの2%でこれですからどれだけ比較して検討する必要があるかご理解頂けると思います。

勉学のためともいえども借金は借金ですから、借りている段階ではあまり多額の借金をしているという認識はしにくいですが、いざ返済するときには相当な高額になっているということも考えられるからです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加