男性消防士が勤務中に知った事故の情報を「LINE」に投稿

◆2015年7月17日/千葉県・夷隅郡市消防本部(大多喜町)・発表◆

-本部所属の男性消防士(45)が勤務中に知った事故の情報を無料通信アプリ「LINE」に投稿-

スポンサーリンク

内容・状況など

LINE投稿日時:6月10日

管内で起こった救急事故の当事者が自らの友人だったことを知り、
翌11日、ほかの友人ら十数人でつくるLINEのグループに、事故に関する情報を書き込んだ。

投稿を知った事故の関係者から通報があり発覚。

これ(守秘義務違反に当たり)を受けて、今回の処分に至ったという。

消防士は聴取に、
「とんでもないことをしてしまった」
などと話しているという。

鈴木孝消防長は、
「職員の指導を徹底し、再発防止に努める」
とのコメント。

ツイッター

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加