部屋の片付けはモノが捨てられるor捨てられないの取捨選択が出来れば綺麗になる

部屋の片付けで大切なことは、

『モノが捨てられるor捨てられない』

というこの二つの取捨選択がしっかりできるかどうかにかかっています。
これだけが出来るだけで部屋の中は驚くほど整理整頓されるんですからね。

一説にモノが捨てられないという人は過去や未来にとらわれ過ぎているということでもあるようですよ。

例えば、

  • 思い出や懐かしさに執着している
  • いつか(未来)使うかもしれない

と過ぎた過去、何が起こるかわからない未来にとらわれているというこです。

つまり”モノが捨てられない=現在(今)を生きていない”ということなんです。
よく聞く話ですが今という時間が最も尊いものだといわれますからね。

結構飛躍し過ぎた話ではあると思いますが・・・あながち間違いでもないかなと私は思います。
本当に必要なモノというのはそんな多くありません。

スポンサーリンク

家の中にある要らないものって?

家の中を掃除しているとやっぱり”いつ使うのかわからない”ものが数多く発見できます。

例えば、

  • ほとんど使わない財布に入っているポイントカード
  • 何かの景品(どこでもらったのかも不明)
  • ショップの紙袋

などなどこういったものたちです。

思い切って捨ててみてはどうでしょうか?

例えば捨てるときに何年前(いつ)からあるのか?を考えて自分には全く必要がないと感じたら思い切ってみましょう。

紙袋なんか・・・紙袋の中に紙袋、その中にまた紙袋といった変なスパイラルになっているということはありませんか?もう捨てましょう!

何かを購入するとき

何かモノを購入するときにしっかりと考えているでしょうか?
店頭で見た食器やキッチン道具、オブジェ、など店頭に並んでいるときは本当に便利そうor可愛く見えるものです。

しかし、実際に部屋で飾ったところや使っているところを想像してみると案外「あれ・・・違うな・・・」といったこともありませんか?

モノを購入するときにもしっかりと検討して購入することを心掛けることが要らないものを増やさないコツで、それは部屋が汚れない、散らからない、一歩目となるんです。

本当に必要なのかどうか?を考えるクセをつけましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加