東京都立多摩科学技術高校のプールが排水バルブを閉め忘れ給水、水道料金116万円分の水漏れ

-東京・小金井/都立多摩科学技術高校
排水バルブを閉め忘れてたままプールに給水-

東京・小金井にある都立多摩化学技術高校で排水バルブを閉め忘れたまま、
プールの水を溜めていたことが分かった。

先日8日、プール開きをした際に、校長が気付いたという。

プールの水は、先月の1日から給水しており、約1週間にわたり、
1600立方メートル、水道料金116万円の水が漏れていたとのこと。

これを受けて、東京都は全ての都立学校にプールの水の量を毎日記録するように定められたマニュアルを作り配布して、再発防止に努めているとのこと。

スポンサーリンク

ツイッターの反応

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加