女性の乳がんは増加傾向!自己検診で早期発見、早期治療を!

昨今、女性の乳がんへ罹患する人口の増加が懸念されているんです。

増加理由には環境の変化など食生活の変化などもさまざまなことが影響していると考えられています。

日本の食事環境は欧米化、西洋化へと少しずつ変化していますし、睡眠時間なども日々、ワーキングプアなどの影響によって減少してきていますから、原因の特定はかなり難しいものとなります。

スポンサーリンク

乳がんになる人口の増加

ここ最近では乳がんになる女性の人口増加は本当に目を見張るものがあり、私たちも注意をしておかなければならない病気の一つで、

年間に乳がんに罹患する人数は、1975年は人口10万人あたり20人が、2011年は124人、この35年間で約6倍に増加、女性の12人に1人が乳がんに罹患している

こんなデータもあり、約6倍と昔と比較すると、あからさまなのが一目瞭然ですね。

ですから、しっかりとした乳がん検診を受けておく必要があります。
早期発見と早期治療を意識することが非常に重要なんです。

乳がん検診の方法

乳がん検診の方法には、いくつかあり、

  • 自己検診
  • 視触診による検診
  • マンモフラフィー検診
  • 超音波検診

などが存在します。

厚生労働省では40~74歳の女性に対してマンモグラフィー単独検診、40~64歳の女性にはマンモグラフィーと視触診の併用が推奨されています。

乳がんの自己検診

自己検診については少し難しいイメージがあるかもしれませんが・・・乳がんは唯一自身で発見できるがんの一つです。

その自己検診の方法は、

  • みる
  • さわる
  • つまむ

ということを定期的に行うことが大切です。
それが乳がんを早期発見する自己検診です。

みる

みることで左右の乳房の変形や大きさなどに以前と変化がないか?ということを定期的にチェックします。

さわる

乳房をまんべんなくさわることでどこかにしこりなどがないか?と入念にチェックします。

つまむ

乳頭をつまみます。つまむことにより乳頭からの分泌液がないか?をチェックして、血液が混じった分泌液などがある場合は受診が必要になります。

これらがあなた自身で行える乳がんを事前に発見することができる自己検診になりますので、出来るだけ定期的にチェックをすることをおすすめします。

お風呂に入る前やお風呂を出たあと、入浴中などに簡単に出来ることですね。

まとめ

そのほか、自身が生活をしている上で、何か違和感を感じるようなことがあれば、すぐに専門医や病院を訪ねて、受診することがおすすめです。

乳がんに罹患していないということ分かるというだけでだいぶと安心ですし、違和感が早期発見に繋がることもあります。

日本人口の女性のうち、これだけ乳がん患者が増加傾向にありますので、他人事だとは考えいてはいけませんので、普段の生活の中で十分に注意したいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加