沼津市の古美術商・今堀兼一が無許可で拳銃10丁と実弾を所持、銃刀法違反の疑いで追送検

-無許可で拳銃所持、
銃刀法違反の疑いで逮捕-

沼津市石川=古美術商・今堀兼一容疑者は今年の5月に沼津市の自宅で、
拳銃1丁を所持していたとして起訴されていました。

今回、警察のその後の調べにより、さらに拳銃10丁と実弾数十発を所持していたとして、
新たに追送検となったとのこと。

警察の調べによると、
今堀被告はネットオークションに拳銃を売っていたとのこと。

取調べで、今堀被告は、
「趣味で拳銃を集めていた」
などと供述しており、容疑を認めているという。

現在、警察は今堀被告の拳銃の入手先(ルート)などの調べを追及して調べを進めている。

スポンサーリンク

ツイッター

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加