風邪?大声?が原因?喉の痛みを改善する食べ物とは?

喉が痛いかわいいマスク女子

しゃべりすぎたり、カラオケで歌いすぎたり、仕事で大きい声を出す必要がある場面、(ほかにも風邪)などで喉(のど)を酷使し過ぎてしまい、喉が痛くなる・・・ということありませんか?

こういった症状って、声帯の粘膜にある毛細血管が損傷して出血したり、むくんだり、することによって起こるんです。もちろん原因には喉を酷使した(話過ぎたとか大きい声を出しすぎたということが原因という場合がほとんどです)

ひどい場合などは声帯ポリープが出来ることもあります。
よく歌手やお笑い芸人の方がポリープの手術をしたということを聞いたことがないでしょうか。

ポリープの手術をすると手術後1週間程度は声を出すこと(発声)が出来なくってしまいます。

ですが、ほとんどの場合は、ポリープが出来るというところまではいかずに、のどに違和感(イガイガするetc.)が出てきて、ガラガラ声やかすれ声になると思います。

いわゆる『声が枯れる』ということですね。

声が枯れるということは喉を酷使し過ぎたということですので・・・のどのケアが必要になります。
基本的にあまりしゃべらない方が良いのですが、仕事をしているときなどはそうも言ってられませんよね?

ですから、そういったときなどは日常的にのどのケアを行うことがおすすめです。

スポンサーリンク

のどのケアにおすすめの食べ物

のどのケアにおすすめの食べ物があります。

大きい声を出しすぎた、しゃべり過ぎた、風邪で・・・のどが痛くなる原因にはそれぞれありますがのどをケアする方法は基本的には変わりません。

最も有名なものになりますと、一度くらいは聞いたことがあるかもしれませんね。
『大根のはちみつ漬け』というもの聞いたことはないでしょうか?

大根には消炎作用があり、殺菌作用と炎症を抑える働きがあるので、のどが痛くなったときには特におすすめの食べ物となります。

ほかには、たまねぎ、レモン、緑茶、なども喉に良い食べ物として一般的だと思います。
果物などは基本的にはのどに良いものが多くなります。

その理由にはビタミンCを豊富に含むものが多いということ。
風邪などが原因でのどが痛いといったときにはとてもおすすめとなります。

また、のどが痛いときには、しっかりと水分補給をすることも大切となります。
のどの炎症しているところを清潔に保つことが早く改善する秘訣にもなります。

ただよく冷えたものではなく、常温のものや少し温かい程度のもの温度で飲むことが大事となり、冷えているものや熱すぎるものはNGです。

それら(冷えているものや熱すぎるもの)は逆にのどに刺激を与えることとなりますからね。

のどが痛いときに控えるべき食べ物

さきにも書きましたが冷えているものや熱すぎるものはのどの痛みにとって逆効果となります。

ですから、アイスクリームなどは控えるべき食べ物となります。
冷えていてその一瞬は良いような気はしますが・・・結果的にのどにとっては悪影響となりますので避けましょう。

そのほか、コーヒーやチョコレート、辛い食べ物なども極力控える方がいいでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加