香川大農学部教授の川田和秀容疑者が教え子に包丁を突き付ける

◆2015年7月16日/香川県警高松東署・発表◆

-大学教授が教え子に包丁を突き付ける-
香川大農学部教授・川田和秀容疑者(63)(高松市伏石町)を暴力行為等処罰法違反容疑で逮捕

警察の取調べに対して、川田容疑者は、
「掃除の仕方や態度が気に入らなかった」
などと供述しており自らの容疑を認めているという。

スポンサーリンク

警察の発表・詳細など

日時:14日-正午前
場所:香川県三木町の香川大学構内

男子大学生(22)の腹部付近に包丁を突きつけた。
そして、「本当に刺すぞ、本当に殺すぞ」と脅したうえで、顔を平手で殴った疑いがもたれている。

ツイッター

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加