東京武蔵野市のサッカークラブ経営者に対して”生徒を殺す”と手紙/威力業務妨害の疑いで石川薫を逮捕

-”生徒を殺す”と何度も手紙をサッカークラブに送りつける-

威力業務妨害の疑いで逮捕されたのは石川薫容疑者(30)。

東京都武蔵野市のサッカークラブの経営者(霜田正浩氏)に対して”生徒を殺す”と書いた手紙をメール便を使って何度も送りつけたとのこと。

※霜田正浩氏は日本サッカー協会に所属=強化担当技術委員長

石川容疑者は直接サーカークラブとは関係はないという。
石川容疑者は日本サッカー協会に対しての不満を口にしているとのこと。

警察は発送元のコンビニなど、また防犯カメラの映像から石川容疑者を特定。

スポンサーリンク

事件

これまでの調べでは石川容疑者はサッカーに対しての不満からの逆恨みとなるのだろうか。
サッカークラブの生徒を殺すのは全くの飛び火になる。

ツイッター

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加