体型維持!肥満体型にならない為の8つの生活習慣!

体型維持

「若いときは太ってなかったのに・・・最近ちょっとお腹が・・・」と悩んでいる。
そういう人って男性、女性問わず多いんです。

まず”年齢を重ねたことにより太ってきた”って言い訳じゃないんですよ。
人間の体は加齢により、さまざまな衰えが出て当たり前だからです。
例えば、健康食品などでもよくみられる酵素もその一つですね。

スポンサーリンク

体型維持や肥満体型にならないためにまずすること

だから最近は市販されている酵素ドリンクやサプリメントなどを愛飲している・・・けど体型に全然変化が現れないと悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

酵素ドリンクやサプリは健康食品ですし体に悪いものではありません。
その人の生活環境にもよりますが基本的には体に良いものです。

しかし!!誰でもまずしなければならないことがあるんです。
ここを見落として「痩せない」と嘆いている人が多数いるんです。

生活習慣の見直し

まずは太ったのは年齢のせいももちろんありますが・・・生活習慣に問題があるということも忘れてはいけません。

若いころには当たり前のようにしていたことや逆にしなかったことがたくさんあると思います。
それらの生活習慣を見直していくことが肥満体型の防止、または体型維持に繋がるんですね。

8つの見直し

それでは簡単にできる肥満体型にならないための生活環境の見直しを紹介します。
本当に簡単にできることですので少しずつ改善していっていただければと思います。

  1. たんぱく質をなるべく摂取する(肉や魚を食べる)
  2. ながら食いをしない
  3. 食べる順番を考える(野菜から順に→たんぱく質→炭水化物)
  4. 冷たい食べ物よりも暖かい食べ物を食べる(飲む)
  5. 入浴時にお風呂に浸かることを心掛ける(代謝促進)
  6. できるだけ動く(運動不足解消)
  7. オメガ3の油をプラス(脂肪燃焼しやすいため)
  8. 食べたくないときは食べない(実は1日3食というのはウソです)

ということをしていくと肥満体型にならない予防対策ができるようになります。

ほかにも心掛けたことはありますがまずはこの辺りから出来るようになっていきましょう。

体型維持や肥満体型予防には食べ物に関する知識を持つことと自分自身をコントロールする力が必要です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加