保温性を高める就寝時の毛布の使い方、タオルケットの方が良いかも?

毛布の使い方間違っていませんか?

寝るときの毛布の使い方って多くの人が実は間違っている恐れがあります。
(実は私も昔は間違ってました・・・)

寒い冬場なんかは暖かくして眠らないと風邪やそのほかの病気の原因にもなります。
さらに逆に暖かくしすぎると寝ているときに汗をかいてしまう・・・といった体温調節が非常に大切になるんです。

スポンサーリンク

布団を敷く最も保温性の高い順番

就寝時の布団の中では、

  1. 自分の体
  2. 毛布
  3. 羽毛布団

の順番になっていますでしょうか?

実はこれ間違いなんです。
間違いというとちょっと語弊があるかもしれませんね?実際好きな寝方をして問題ありませんから。

しかし、寒い冬場に最も暖かくして眠ろうと思うのなら、

  1. 自分の体
  2. 羽毛布団
  3. 毛布

の順番が最も保温効果が高くなるんです。

この羽毛布団の上から毛布をかけることで本来の毛布の保温性を発揮するんです。

毛布の素材には注意が必要

ただ毛布の素材に注意が必要です。
ウールやカシミヤといった素材の毛布を現在お使いなのであれば全く持って問題ありません。

がしかし、一般的に最も毛布の素材で使っている人が多いであろう化学繊維の毛布は吸湿、放散とも効果が弱く、寝床の中に湿気が溜まりやすく、逆に寝ている体の体温を奪うなど、またムレによって不快感が生じたりするので毛布の素材には注意が必要となるので、まずは素材をチェックしなければなりません。

毛布の代わりにタオルケット

化学繊維の毛布を使っているのであれば、タオルケットの方が毛布よりも暖かいということもあり得ます。

もちろん先に書いた、

『自分の体→羽毛布団→毛布』

の順番で毛布の部分をタオルケットに変更して下さい。

意外にもタオルケットは羽毛布団に溜まった熱が逃げるのを防いで保温性を高めてくれるんです。

さらに吸水性も高く、寝ているときの汗や湿気なども吸い取ってくれて毛布よりも効果が高い可能性があるんです。

そして、毛布のような重さもないので人によってはタオルケットの方が眠りやすいという人もいるかもしれませんね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加