運転免許証を偽造してAKB48のコンサートに入場、安成孝人と加茂雄一郎を逮捕

◆2015年7月14日/長崎県警浦上署・発表◆

-運転免許証を偽造、アイドルグループ「AKB48」のコンサートに入場-
山口県下関市スポーツ振興課職員・安成孝人(37)(下関市岬之町)と病院事務職員・加茂雄一郎(34)(福岡市中央区笹丘3)の両容疑者を有印公文書偽造、同行使の疑いで逮捕

警察の取調べに対して、安成孝人と加茂雄一郎ともに容疑を認めているとのこと。

スポンサーリンク

容疑内容・詳細

安成、加茂両容疑者は共謀していたという。

昨年12月下旬、加茂容疑者の顔写真を使った他人名義の免許証を偽造するなどした疑いがもたれている。
同月28日に長崎市であったAKB48のコンサートに入場するため、加茂容疑者が安成容疑者に偽造を依頼。

AKBのコンサートは1日2回公演だったとのこと。
その際に1人につき1公演しか入場できない制限があったが、
加茂容疑者は1回目は自分の免許証を提示して入り、2回目は偽造免許証で入場。
しかし、係員が加茂容疑者の顔を覚えており、偽造が発覚したという。

安成容疑者は今年10月に山口県で開催予定の「第28回全国健康福祉祭やまぐち大会(ねんりんピックおいでませ!山口2015)」のうち、下関市である4競技の交流大会の準備責任者。

交流大会の応援大使に任命されたAKB48のメンバーで、同県出身の下尾みうさんを大使にするよう提案していたとのこと。

ツイッター

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加