太りやすい時期でも適正な食べる順番で体重をコントロール

当サイトではダイエットに関する記事を多く書いています。

私は体重は常に一定ではなく、常に変動するものとして、体重をコントロールすることが大切であるということを伝えています。

何も考えずにただひたすら食べ物を食べていると太りますし、お菓子でも考えて食べていたら太りません。

大切なことはいかに食べることは現状のスタイルについて意識がいっているかということであるわけです。

で面白い記事を発見したので紹介したいと思いました。
日々体重を意識するのに絶対に役立つと思います。

スポンサーリンク

人が1年で太る期間(太っている期間)

ある研究結果をもとに算出された人が1年打ちにもっとも太っている(体重が多い期間)期間です。

1年の中で一番体重が多い週ワースト3は、

1位・・・1月5日~11日

2位・・・1月12日~18日

3位・・・2月16日~22日

という結果がはじき出されています。

年末~年始は食べるイベントばかりが原因

お正月終わりがもっとも1年の中で太るということです。
考えてみれば、なんとなく分かる様な気もしますね・・・。

友達や家族、会社の同僚など、忘年会から新年会へと年末~年始まで食べることが多いイベントだらけです。

体が太るには痩せるのと同様にある程度時間がかかることも考えるとクリスマスから太る期間は始まっているかもしれません。

そして、痩せるタイミングが本当にないと思います。

イベントが目白押しですからね。

日々の体重のコントロールが非常に大切な時期になります。

食っちゃ寝、食っちゃ寝、食っちゃ寝、していては当たり前ですが太りますが、この期間は動きさえなくすような寒さもあり、コタツでゴロゴロ、知らない内に眠りについている・・・ということが日常茶飯事ではないでしょうか?

食べる順番を意識する

できる限り、太らないように意識するだけで体重は変わると思いますよ。

同じものを食べていて、体重が増えにくく(太りにくく)なる方法を一つ紹介しておきます。

それは食事を取る順番です。

まずは野菜から食べて、血糖値の急な上昇を防ぐことが体重をコントロール(太りにくく)する秘訣です。
そして、次いでたんぱく質を含む肉や魚を食べて→最後に白米などの炭水化物を摂取する。

この順番を守ることで適当に食事を摂るよりは幾分かはマシになります。

食べる順番はダイエットをするときにはとくにおすすめの方法です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加