お風呂上りの髪の毛の自然乾燥はダメ、ドライヤーとタオルドライで乾かす

お風呂上りに髪の毛ってちゃんと乾かしてますか?

結果から言うと基本的に髪の毛によくありません。
しっかりとドライヤーを使って乾かすことの方が圧倒的に髪の毛には良いです。

ただドライヤーの熱を当てすぎるのも返って良くないので加減が難しいところではありますが・・・

スポンサーリンク

自然乾燥はなぜ髪の毛に良くないのか?

お風呂上りに髪の毛を自然乾燥させるということは髪の毛が濡れた状態で長時間過ごすということになります。

髪の毛が濡れた状態というのは、雑菌が繁殖しやすい状態であり、またキューティクルが開いた状態にもなっています。

キューティクルとは髪の毛の表面を覆っている組織です。
キューティクルが開いた状態とはキューティクルが剥がれ落ちやすい状態となっているのです。

キューティクルが剥がれ落ちると髪の毛はダメージを受けやすい状態となります。

髪の毛の綺麗な人(ツヤ髪)というのはこのキューティクルがほとんど痛んでいないのです。

つまり、どう考えても自然乾燥は髪の毛に良くないですよね?

雑菌が繁殖しやすくて、髪の毛も傷がつきやすくなっているわけですから。

お風呂上りに髪の毛を自然乾燥させるメリットといえばドライヤーの電気代の節約くらいではないでしょうか?

だからといってもちろん自然乾燥を避けてドライヤーを当てすぎるのもNGです。
それはそれで髪の毛にダメージを与えてしまいますからね。

ドライヤーで髪を乾かす

ですからお風呂上りにはドライヤーを使って髪を乾かしましょう。

そのときの乾かし方ですが、まずはドライヤーを使用する前にしっかりと髪の毛をタオルドライすることが重要です。先に書いたようにドライヤーを当てすぎることも髪の毛には良いことではありませんので出来るだけタオルドライで乾かせるところまではタオルドライで乾かしてしまいます。

このタオルドライの際にゴシゴシ、ガシガシと髪の毛を摩擦するような乾かし方はNGとなります。
このような行為(タオルドライの仕方)も髪の毛のキューティクルを傷める原因となります。

髪の毛をタオルで挟み込むようにポンポンポンと水気をとっていきます。
さらに毛先部分よりも髪の根元部分を重点的に乾かすことがタオルドライ、髪の毛を乾かすコツです。

そして、ある程度の水分がタオルドライで取ることが出来れば、ここでドライヤーを使い始めます。

ドライヤーを長時間使うことは出来るだけ避けることが髪の毛には良いのでタオルドライをしっかりとすることでドライヤーを当てる時間を減らすことが出来るのです。

そして8割、9割髪の毛を乾かすことが出来れば、最後はドライヤーを熱風(温風)から冷風に切り替えます。
最後は冷風で仕上げることでキューティクルをより閉めることができるのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加