夏だけではない冬の脱水症状の危険性とは?原因や対策方法は?

実は脱水症状って冬でもなるかもしれない危険性があるってご存知でしょうか?
むしろ夏場よりも冬場の方が脱水症状になるリスクは高いといいます。

スポンサーリンク

なぜ夏よりも冬の方が脱水症状の危険性が高い?

夏よりも冬の方が脱水症状になる危険性が高い理由は元をたどれば、自己管理ということになります。
冬の脱水症状の方が自己管理が難しくなるためなんです。

夏場は汗という形がかなり表面的になってくるため、目で見ることができて、水分補給をすることが意識的になりやすいわけです。

しかし冬場は少なからず確実に汗をかいているということがあるのですが・・・どうしても気付きにくく、わたしたちは水分補給をすることを忘れがちなんです。

冬場の脱水症状が起こるさまざまな理由

例えば、お風呂上りなど夏よりも冬の方がどうしても長風呂になりがちです。

しかし、お風呂をあがった後に水分補給をするということを忘れてしまい、そのまま脱水症状を起こしてしまうということも少なくありません。

夏よりも長時間お風呂の中にいるわけですから、夏よりもその分水分補給をする必要もあるわけですから納得ですよね?お風呂からあがった後の体は平常の体温に戻そうとするため汗をかきますし。

また冬場は寒さから室内では厚着になることも多くなります。
厚着になっているこれまた汗をかく原因となっています。
となると、体の水分や塩分はどんどんと失われていくことになるわけです。

つまり自分では気付きにくいですが・・・体は結構な量の水分を汗として体外へ放出しているんです。

また冬場は空気も乾燥しやすく、空気が乾燥することで、わたしたちの皮膚も乾燥します。
すると、乾燥した肌に潤いを持たせることが必要となるため、体は汗をかきます。

冬場は汗をかいているということにかなり気付きにくい環境であるのに、意外と汗をかく機会が多いのです。だから夏場よりも冬場の脱水症状の方が危険性が高くなるわけです。

冬場だから脱水症状の危険性など考えることもないかもしれませんが、考える必要はかなりあります。
ですから、こまめな水分補給をしていきましょう。

冬場の脱水症状の危険性

さらに、冬場にかかりやすい病気に、

  • 感染性胃腸炎
  • ノロウィルス
  • ロタウイルス
  • アデノウイルス
  • インフルエンザ

なども脱水症状を起こす原因(嘔吐、吐き気、下痢など症状によって)となりますので、本当に冬場は油断していると危険性が高いのです。

少しでも体の不安や心配がある場合は専門医を尋ねるということも検討する方がいいと思います。

また睡眠中にも水分は失われていきますから起き抜けには必ず水分の補給をすることがおすすめです。
まずはすぐに出来ることから始めていくことが大切です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加