愛知学院大のビッグバンドジャズ部員らの楽器を盗難、日根真一と浅沢裕之を逮捕

◆2015年7月14日/発表◆

場所:大阪市淀川区西宮原のホームセンター駐車場
日時:2015年5月9日

-愛知学院大(愛知県日進市)のビッグバンドジャズ部員らの楽器が盗まれた事件-

14日に大阪府警淀川署は窃盗容疑で住居不定=無職・日根真一(44)と大阪府東大阪市柏田東町=塗装工・浅沢裕之(43)の両被告=いずれも別の窃盗罪で起訴=を追送検。

警察の取調べにたいして、両容疑者ともに容疑を認めているという。

スポンサーリンク

追送検容疑

5月9日夜、大阪市淀川区西宮原のホームセンター駐車場にて、ワゴン車の鍵をこじ開け、バリトンサックス1本とトランペット5本、スネアドラム1台の計7点(総額約240万円)を盗んだとしている。

部員らは10日のビッグバンドジャズコンテストの西日本予選のため来阪。
盗難に遭ったため、別のバンドに楽器を借りて出場、5位で予選を通過。

警察の発表

16日-3点が売却された兵庫県内の楽器店から「盗まれた楽器ではないか」と通報
23日-不審車両として捜索した日根容疑者の車から楽器4点が発見

さいわい楽器に大きな破損はなかったという。
愛知学院大のビッグバンドジャズ部員らは手元に戻った楽器で、8月にさいたま市で開催される本選への練習に励んでいるとのこと。

部長で4年生の石川歩さん(21)は、
「捜査に協力してくれた大勢の人たちに感謝の気持ちを込めて演奏したい」
と話した。

ツイッター

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加